キャンプブームはいつまで続くのか もう終わってますよ

最近のキャンプブームは終わろうとしているのか

ここ数年、キャンプブームが続いてきました
しかし、2023年に入り、キャンプブームが終わりつつあるという声が聞こえてくるようになりました。

実際に、キャンプ用品の販売数は減少傾向にあり、キャンプ用品の販売店に行っても確かに人が少なくなりました。
キャンプ場も予約が取りやすくなって入るようです。

何より、ぼっちキャンプであれだけ露出の多かった「ヒロシ」ですが、YouTubeでもあまり見かけなくなりましたよね。ダン自身ひと通りのパターンを見て新鮮さを感じなくなりましたわ。

記事の目次(クリックでジャンプ)

このキャンプブームこれからどうなるのでしょう

さて、今回はキャンプブームが終わったのではないかと言われる理由を考えてみましょう。

コロナ禍が落ち着き、海外旅行や他のレジャー活動ができるようになってきた。

最近街を歩いていて外国人の観光客って増えましたよね、きっと日本人も海外へ少しずつ旅行に行き始めているのだと思います。
キャンプへ、一度でも行かれた方はわかると思いますが、とにかく不便なんですよ、トイレに行くとか、準備とか、まぁ、この不自由を楽しむという事で始めたものなんですが、この不自由さをどう受け止めるかはその人次第、そうでない人も当然いるわけで定着しない人もいると思います。

キャンプ用品が値上がりし、キャンプが始めにくくなった。

有名メーカー品は特に品薄でネット上でも価格が高騰しているものが多数あると思います。で、最初知らずに高い値段で買ってしまって、今となって価格が暴落していたりなんかするわけで、それなりに腹立つのであります。

キャンプに行きすぎて、飽きてきた。

これは人それぞれですが、行ってみたら向いてなかったという人は一定数いるのは仕方がないでしょう。

しかし、私がたまの日曜日ゴルフへ行くときなど午前6時ごろキャンプ場の横を通ることがあります
実際にはさながら難民キャンプの様にテントが密集している光景を目にします。
こうしたことからもキャンプを楽しんでいる人はまだ多数いることがわかります。

テントもワンポールテントやドーム型のテントがほとんどで奇抜なテントは確かに無くなりました。
新規客ではなくリピータではないかと思います。

一方で、面倒な準備を省略してベランダや屋上でお手軽七輪を使ったなんちゃってキャンピング派も生まれているようです。

ベランダとか屋上で肉を手軽に焼いて食べたくなる時に、台の上にこれを置いてキャンプ気分を楽しみましょう 興味のある方はチェックしてみてください。
ちょっと、炭火で焼き肉とかしてみたいときありませんか?温かいお酒を飲みながら、ホッとした時間が過ごせました。
おススメです
尾上製作所(ONOE) 火消しつぼになる七輪

で、キャンプ自体これからどうなるのか?

まやかし、迷惑キャンパーの消滅

身勝手で、注意するのも恐ろしく感じる人たち居ましたよね、いなくなります。いなくなってください。

キャンプギアの価格が大暴落

入手しにくかったギアがすでにAmazonでかなり価格が下がっています。
いま、兵式2型飯盒、マルチグリルパン、ブームギアはどんどん代わりってきているものの今後、入手しやすい価格になるのは必然でしょうね。喜ばしい事です。

リサイクル品は優良品だらけ

リサイクルショップも数量が増えていますよ、程度のいいものがかなりありました、今後もっと増えてくるので、ローチェアーとか消耗品はここで入手するのもいいかもしれません

キャンプ場で本当にリラックスできるようになる

シーンとしたキャンプ場で星空と焚火の燃える音、焼酎のお湯割りを飲みながら星空をゴープロ撮影という本来の楽しみが出来るようになります。キャンプ場でも、お気に入りの場所を確保するのが容易になると思われます。

本来キャンプなんて身軽に出来るものだったはず

キャンプは手軽に自然の中でリラックスできて、家族や友人と過ごす時間を楽しむ、新しい経験をするなどの魅力があったはずです。

この度のコロナ禍によるパーソナルスペースという言葉、海外への渡航困難な状況発生に伴いキャンプ場は逆に難民キャンプのような状況になりました。

今後、高騰したキャンプ用品は値下がりが予想されますので用具に関しては入手しやすい環境になると考えられます。

振り返ってみると、Amazonなんかでキャンプギアを購入した場合その大半は中国から送って来ましたよね、コロナも中国から広がっていきました。面白いですよね。

改めて、キャンプは、誰でも簡単に始められるレジャーです。ほんとにキャンプを楽しめる時代到来です

これからキャンプをやって見ようと思っている方への注意点。

キャンプ用品を揃える時は必要最低限から始めましょう。何が役に立つか分からないですから。
後から少しづつ買い足す方が無駄がありません。

キャンプ場には、様々な設備が整っていますが、全てのキャンプ場が同じではありません。事前にキャンプ場の情報をよく確認しておきましょう。

キャンプは、天候に左右されます。雨天の場合は、キャンプ場を変更するか、雨具を準備しておきましょう。

キャンプは、自然の中で行うので。虫や動物に注意しましょう。

キャンプは、たき火など火を使うので、火の取り扱いには十分に注意しましょう。

注意点を守れば、キャンプ初心者でも安心してキャンプを楽しむことができます。

自然の中でリラックスでき、家族や友人と過ごす時間を楽しむのも良いですよね

別に、何もしない時間を楽しむのもありだと思うのです。

キャンプは、日常生活から離れて、自然の中でリラックスすることができます。
また、家族や友人とキャンプに行くことで、親睦を深めることができます。
さらに、キャンプでは、新しい経験をすることができます。

例えば、料理や焚き火、星空観察などです。キャンプは、様々な魅力があるレジャーです。ぜひ、キャンプを体験してみてください。

スポンサーリンク
シェアして繋がっていきましょう!
  • URLをコピーしました!
記事の目次(クリックでジャンプ)