マルチポットってどうなのよ おすすめ デメリット

私は簡単な調理をするのが好きだ、なべ物、焼き肉、焼き魚、スパゲティ、炒めたり、焼いたり、煮たりするだけで時間がかからないし、それぞれ、お気に入りのフライパンや、鍋を持っているのだが、


最近ネットを見てたら、フライパンでもない寸胴ナベでもない変わった調理器具を発見しました、その形が妙に印象に残ったのだ。

マルチポットというのだそうだ。

一度は、スルーしたんだが、どうも気になる形だったのだ。

鍋や調理用具は一応普段使いこんでいるものがある、しかしこのマルチポットって気になる形してるよな、そうこうしているうちに、Amazonでセールが始まったんだ、ますます気になる。

色々な調理に使えるらしいのだが、今まで我が家にはなかった調理器具になる。

これ一つで何でもできるとか?

説明によると

「6種類の調理ができる」

「鍋とポットのよさを備えた」


「コンパクトで、そのまま冷蔵庫の中にも収容可能」

ちょっとした手抜き料理で気分転換をしている筆者にとって興味をそそられる文言です。

さて、ちょうど、セールで
価格も安くなっていたので早速購入して試してみました

購入したのはティファール マルチポット ティファールはテフロンが頑丈というイメージがあったので

他社商品とあまり比較せず購入しましたが、興味のある人はいろいろ比較したほうが良いかもしれません、Amazonで安くなっていたから

結論:これは、購入して正解でした。

記事の目次(クリックでジャンプ)

どんな物なのか

直径16cm高さ12.5cm やかんの上半分を切り取ったような形状をしています

肉厚はフライパン並み、寸胴ナベより直径が狭くやかんの側面に似ています。
見た目、コンパクト大型のミルクパンとも少し違うし

不思議な形ですよね。400CCも入れると水位がかなり上がり具材がスープに浸るようになります。

何が出来るのか

下手な調理で申し訳ない、早速、調理してみた

何でもできるみたいなことが書いてありますが、印象としてテフロン加工ののフライパンがポットの形状をしているようなイメージです。

フライパンで、液体を投入してもあふれ出ることを気にしないで調理できる形状ですかね

一連の流れで炒めるから鍋物まで何でも対応してくれそうです。

早速ミンチと玉ねぎのみじん切りを炒め、

麻婆豆腐の元を投入し最後に豆腐を入れてみました。フライパンとして炒め、液体を投入しても、壁面の高さががある

のでこぼる心配があまりなく調理が出来ました。

出来上がったものは味は同じですが、調理はかなり容易に感じます。

しかも、T-fal特有の、しっかりしたテフロン加工で強めに炒めても大丈夫そうです、従来のテフロンは、強火で調理するとすぐに傷んでしまいますからね、そういった面では、頑丈そうです。

ですから、煮る前に肉や野菜を炒めることは心配いらないんじゃないかな♪ 

スープを足しても直径が16cmと小さい400ccも追加すれば具材がしっかりスープに浸る感じです。

カレーなんかも行けそうですね、

本当に便利なのか

これで、投入した水の量は550CCくらいです、しっかり具材上部までスープに使っている事がわかります。

もし、のフライパンで調理するなら、16cmというと、1人分の調理量という所でしょうが、高さが12.5cmあるので、意外とまとまった量を調理できます。

液体を追加投入してもあふれることがありません。

もし、同量の調理を深めのフライパンでするとしたら、24センチぐらいの物を使う事になると思います。
見た目がコンパクトな割には分量が多いですね。

フライパンだとそれなりの液体を入れないといけませんがこれは直径が16cmしかないので少しの液量で具材がスープに浸ることになります。

調理し終わったもので長期保存ではなくそのまま冷蔵庫に入れることが出来るので翌日に具材を追加して再調理する事も出来ます。

解説ではご飯を炊いたり、揚げ物、お湯を沸かすとか有りますが、そこまでやることは無いと思います、特に炊飯なんかは、炊飯器を使った方が手間なく美味しく炊きあがると思いますしね。

スパゲティーもゆでた後にトマトホールやピーマン、ミンチを加えてナポリタン系の炒めが簡単にできました。

まだあまり使っていませんが、これから、いろいろな物に使っていこうと思っています。

最後にもう一つ気が付いたことですが、重量が意外と有ります、ふたも含めると約1キロ弱、オールアルミじゃないんです。
今回も、なべ物に近い調理をしてみましたが、火を消した後もしばらくグツグツ沸騰したままでした。

結論 必要なのか

この形状で、かなり頑丈なテフロン加工がしてあって、材質の厚みが通常のティファールなみにあります。

冷蔵庫へなぜか入ってしまうわけで明日も追加調理が出来ますね。

まとめ

購入してから、使用頻度はかなり多めです

かんたんですが、どうしようか迷ってるのなら、この新しい形のマルチポットで調理を楽しんではいかがですか?
おすすめしておきます。

というのが結論ですかね。今回はまずまずの良い買い物が出来ました。

スポンサーリンク
シェアして繋がっていきましょう!
  • URLをコピーしました!
記事の目次(クリックでジャンプ)