「 ダン」チャンネルYouTube

津軽海峡フェリーと青函フェリー違い 比較で選ぼう!

✔どっちでも同じなの?
✔青函フェリー 津軽海峡フェリー 違いが知りたいな
✔割引チケットの申し込み方法を知りたいな

本州から北海道へ車を使って渡るとなれば、どうしてもこのフェーリー航路を利用する事になるんですよね。

電車やバスと違って、必ず事前に予約する事を強くお勧めします。z

記事の目次(クリックでジャンプ)

青森港から北海道へフェリーを使って渡る方法

津軽海峡フェリーか青函フェリーを使うか2択になります。特徴を理解して4時間の船旅を楽しみましょう。

情報収集は下記に津軽海峡フェリーと青函フェリーの公式ホームページリンクを貼っておきますので、そこで詳しく見てみて下さい。

ポイントになるのは、

  • 乗る時期によって価格が違う
  • 予約の方法によって価格差がある
  • 車の大きさで価格が違う

青函フェリー、津軽海峡フェリー2社を比較してみます。それぞれの特徴があって、その時々の用途に合わせて選びましょう。
WEB予約やHPに張り付けてある割引クーポン券をスマホで見せると割引料金が適用されるようです。

青森⇋函館、は2社で運航されている。両社の特徴は、違いは?

青函航路はどのように運行されているのか

両区間では「津軽海峡フェリー」と「青函フェリー」の2社で運行されています。それぞれ乗り場も違います、一日の便数は同じですが、出港時間や船内の設備などは違いがあります。

元々の会社の成り立ちが違っていて、その影響を受けています。

時期によって運賃に違いがある

時期によって運賃が変わります。津軽海峡フェリーがA 時期にB 時期C時期 に分かれています、

青函フェリーが通常期と繁忙期に分かれていますが、通常期でも2時期に料金が分かれてい

ますので、乗船時期によって価格が違うという事はチェックしてください。

チケットの購入方法によって価格が変わる、わかり難い割引価格

共通している事はWEBで購入すると割引が入るという事です、乗船日の3~2か月前から乗船日の2前までに予約を取る、両者若干の違いがありますが、WEBで予約購入すると割引が入るようです。

そもそも、乗船当日に乗船券を購入する場合、乗れない可能性もあるわけで、避けたほうが良いかと思います。

港に着いて、トラックが多数待機しています、事前予約するようにしましょう。

津軽海峡フェリー青函フェリーのリンクを貼っておきますので、まずは上記の項目を確認してみてください。

◎今回2日前にスマホから予約をしてみました。

青函フェリー


元々貨物輸送を専門にやっていたようですが、規制緩和で旅客も乗せ始めたようです。横になれる部屋や普通の座席もあって利用するうえで何ら問題はありませんが、旅客向けの娯楽施設や観覧用の座席とかはありません。ですから、

料金もコスパが良く価格重視の人には有難い存在です。チケットの申し込みはウエブサイトから事前に申し込む方法があります、HPにも割引クーポンが貼ってありますが、正直わかりづらいです。

ですが、自販機なんかも普通に有りますし必要なものは揃っています。だいたい2〜3時間おきに運行されています。

船は2000tクラスが主流で、津軽海峡フェリーのメイン船8000tクラスには負けますが、その分揺れが大きいわけでもありませんのでご安心を!

最後に、青函フェリーは一部の便が危険物積載車両指定便となる場合があります、その時は一般の乗船を断られます。ですからWEBの空き情報などを事前に確認しながら予約することが大切です。

点検ドックに入って1便なくなりました、というのもありました。

津軽海峡フェリー


8000tクラスの船が主流で、元々旅客運送をしていた事事もあり船内はゲームセンターとか自販機も種類が多かったり船旅を楽しむ上ではよく考えられている船です。

座り心地の良い椅子や申し分ないです、少し価格はお高めになりますが、納得のいく満足感を感じます。

こちらの運賃割引はやはりHPを見てみると期間限定でスーパー海割などやっていますのでやはり事前にHPをよく見ることが大切です。

1日8便なのは青函フェリーと同じですが、時刻は当然違いますし、予約の仕方や乗船時期で価格が違うので事前チェックは必ずしてください。

乗船中に持参して良かったアイテム

ところで、陸奥湾の中ではよく野生のイルカがフェリーと並走します。そんな時おすすめが双眼鏡
です。高価なものでなくても、視野が広い10倍ぐらいのものがおすすめです。遭遇しないかもしれませんが、持っといたほうが良いです。

旅行を楽しむために、まずは身近にある情報を集めて比べてみることが大切です。価格が安いものや、お値段の高めでも満足度が高いものなど、情報収集して費用を比較してみましょう。だんだんイメージが膨らんでくると思います。
格安国内ツアーなら!エアトリ国内ツアー格安国内ツアーなら!エアトリ国内ツアー

最初から購入するのも楽しいですが、借りたらどのぐらいの費用で済むのか、わからないうちは、まずは比べてみてどちらがお得なのか、情報を得ましょう。
興味のある方はチェックしてみてください。
DMM.com|DMMいろいろレンタル

片道4時間ですから、しっかり船旅を楽しみましょう!

まとめ

どちらのフェリー会社もそれぞれの存在感があることを理解していただけたと思います。どちらか迷ったら、行きかえりで変えてみて両方楽しむというのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

記事内広告について

記事に広告が含まれています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして繋がっていきましょう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

記事の目次(クリックでジャンプ)