「 ダン」チャンネルYouTube

【失敗するな】GoProのデメリットも話そう【非公式マニュアル】

記事の目次(クリックでジャンプ)

購入する前に知っておいたほうが良い事

Goproを購入しようかなと思っている人はきっと動画をもっと本格的に撮ってみようと思っている人だと思う。


最初の動機は私がそうだったからね、で、お前誰だよ、っていう事になると思うので簡単に説明すると、現在GoProHero9を2台所有してYouTubeチャンネルを3本運営、うち1本収益化に成功と大した実績ではないんだがその分初心者向けの解説をしてみようと思う。

もともと、私はスマホで動画を取って適当にYouTubeにアップしていた。それはそれで楽しかった。
ただ、アップすると体験する事だけど、誰も見に来ない、ホントに見ているのは私と嫁くらい

せっかくなら、もう少し、もっと面白く撮って、編集して、最終的にはチャンネル登録1,000人を達成して収益化できたらいいなと思って、
ユーチューバーご用達のアクションカメラを手に入れようと思ったのだ

アクションカメラには大まかに3大メーカーがある

GoPro
ozumoアクション
インスタ360


それぞれ特徴があるが説明は省く、またの機会に説明したいと思う。
今回はGoProに付いて説明する。

どうやって手に入れるか

最初の購入は、

どこで購入するのが良いのかもわからず、ネットで調べてみると、Amazon以外に、GoProホームページから直接買う方法があって。サブスクという年間会員になると、無慮修理交換やアクセサリーが割引になったりする。

サブスク付きだと年間6000円必要、時期によって、初年度は無料とか、今だったら初年度が半額の3,000円とか、キャンペーンをやってる時がある。調べると良いと思う。

当時サブスクとは何ぞや程度の感覚でGoProHPのポッチマークを入れると値段表示が70,000円位から一気に43,000円位に下がった、しかも付属品が色々付いているという、物につられる形で最初のGoPro購入はHero9サブスク付きで購入した。

発注後、2週間ぐらいでシンガポールから商品は無事到着した。

サブスクなんて不必要だという声もある

購入時にサブスクに入って特典をともらったら次の更新時までにやめると良いとか、私が購入した時期にはネット上にこうした声があふれていたように思う。

その後、私のGoProは2年で動かなくなり、この、サブスクによって、ちょっと信じられない話だが全くの新品に無料交換してもらえることになる。その時の話はここでは話さない、いつかまた話したいと思う。

GoProで何が出来るのか

スマホで撮れる映像と違うのは画角です。

この、GoProだけどスマホなんかで撮影すするのとどこが違うのか。
これを使えばよい動画が簡単に撮れる魔法のアイテムではない。

一番の違いは、その画角です。

広角、スーパービューで撮った絵はスマホでは撮れないような広い範囲が撮影できることが特徴。

GoProのHPから購入する事となったんだけど、当時サービスが良くてサブスク加入で購入したらいろいろなアクセサリーが付いてきたんだが、その中でもほんとに必要なアクセサリーっていうのが限られていてこれは後々お話ししてみたいと思うが、ここで申し上げたいのは、購入したから何かが変わるとかは無い。

スマホで撮るのと大して変わらない、だからGoProが何かをやってくれるとか全然ないので最初に言っておきたい。

画質は2.7K60fpsで

GoProは画質が良いと単純に思っている人が多い、4K撮影が出来るとか5Kだとかネット上に情報があるれてるけど、YouTubeでは1080ピクセルという画質でアップされています。

4Kにすれば画質は良くなるんだろうけど、情報量が多すぎて、編集時にPCが止まったり、カクついたりしてうまく行かない事が起こります。

通常のPCスペックで編集できるのは2.7Kぐらいまでなんじゃないかと思う。自身も2.7Kで撮影している。最初はこれか、1080ぐらいで始めるのが良いと思う。

編集作業が必須

撮影した画像はPCで編集する事になります。これには独自の編集ソフトが必要になって来ます。

代表的なファイナルカットプロ、とかプレミアプロフィモーラパワーディレクターなどこれに撮影データーを落とし込んでカットや挿入ーをして一つの動画に仕上げていくという流れになる。

作業の難易度はそんなに高くないが慣れるまで少し時間は必要になる。タイムラインというのを重ねていき一つの動画に仕上げていく流れ。

私は当初無料で使えるダビンチリゾルブを使用していたが、PCに負担がかかりすぎて、頻繁に止まるようになり仕方なく、買い切りのパワーディレクターを使用するようになった。

意外に金がかかる

そのほかにアクセサリーが意外と高価で、最初はどれが本当に必要なのかもわからず、購入後あまり使わなかったりするものもあり、結果としてこんなに買ってしまったよ!と、無駄使いとなるものも多い。

ネットで良く調べてからの購入をお勧めしたい。スイベルクリップ、ミニと通常の三脚、大きすぎるのはとにかく、使わなくなる、何かと持ち運びが手間になってくるからね。

バッテリーも、純正の物が一番良いが、ネットで評価の高い物を買えば十分、充電容量だけは注意して購入する事が大切、極端に安いものは要領の少ない物が多い、私も一度これで失敗した。

ダンが使っている撮影機材です

■撮影に使用している機材
・使用PC:【Dell 23インチフルHD液晶セット】DELL OptiPlex 5040SFF/i5-6500 /RAM:16GB/SSD:512GB
・カメラ:【GoPro HERO9 Black
・【GoPro公式】【 スイベルクリップ 】
・編集ソフト:【PowerDirector 19 Ultra 通常版
・マイク:【ZENLOコンデンサーUSBマイク
・スタンド:【Roycel マイクスタンド ポップガード マイクアーム コンデンサーマイク用
・三脚兼自撮り棒 【Osznmmg GoPro三脚 自撮り三脚 51cm延長

持ち運びに必要な物が意外と多い

GoPro自体電池を消耗するから、予備のバッテリー、ミニ三脚、スイベルクリップ、ネックマウント、またこれを収納する持ち歩き用のケース。だから、意外と持って行くものは多くなるのです。

まとめ

GoProは広いが角が取れる特徴があって、そこがスマホなんかで撮る動画と違う。
というより、スマホと違う絵を撮らないとわざわざ使う意味がなくなるのだ。
広角撮影など最初は違和感があるかもしれないが、積極的に使用していこう。

購入後に予備のバッテリーや、購入してみないと使い勝手がわからないアクセサリーが多数あって意外とお金がかかります。

そのうえで購入したあなたは必ずYouTubeで収益化を目指して頑張ってほしい。

スポンサーリンク

記事内広告について

記事に広告が含まれています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして繋がっていきましょう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

記事の目次(クリックでジャンプ)