「 ダン」チャンネルYouTube

コンパクトな テントを買ってみた【組立編】

記事の目次(クリックでジャンプ)

2人用コンパクトなサイズのテントはないのか

少し小さなテントも欲しいなと思い始め、調べてみる事にしたんだよね。
まず、荷物がコンパクトになるし、どうせテント張っても寝るだけだし、さっと張れて、冬などは中でストーブを付けたらすぐに暖かくなるようなのも良いなと思ったんだ。

ネットで調べてみると、大きなテントもいろいろあるけど、コンパクトな2人用のテントもたくさんある事がわかった。それぞれメリットデメリットあると思うけど、

今回はコンパクトなやつを調べてみよう。

求めた条件は

・コンパクトですぐ暖まる小さなテント。前室も最低限あれば良い
・収納時にコンパクトになり持ち運びに便利な物
・通気性が良く、中に空気がこもらない、スカートが付いている物

Amazonなんかでもいろいろあるね、使用している様子はYouTubeを見るとよくわかると思う。

✔良さそうな、コンパクトなテント、ありましたよ

どうでしょうか?こんなのだったら、コンパクトで設営も楽そうだな?
通気口もしっかり大きいのが2つ付いているし。

ネットで調べまくって、こんなテントを見つけました。
前室は小さめですが靴や、SOTOのシングルバーナーを置くスペースはあります。


居住スペースは小さいのですが、中が暖まりやすいイメージがあるでしょ?それでいて通気口が2か所あって風通しが良いので、夏なども過ごしやすそうです。

スカートが付いているので、冬は温かそうですね。

どうしてコンパクトなテントが欲しいのか

初めてのテントは、前室の広いテントで、そこに椅子や机を置いて調理したりくつろげそうなものを選びました。実際そういった使い方をしてみて、テントの中で落ち着いた時間が過ごせたんだけど、

初めてテント泊した日に、夜中、雪が降り始めるという過酷な経験をして、広いテントは、寒い時に中が暖まりにくい事がわかった。

広いテント内が寒々として寒いし、広すぎても落ち着かないなとおもって、コンパクトなテントを探してみたんだ。

今回購入したテント

この、ギアトップのテントは、まず、スカートが付いていて2人用、フライシートをかけるタイプで小さな前室がありますが、ヒルストーンのテントに比べると、かなりの省スペース仕様です。

この時は、グランドシートが無かったので、コストコで購入したブルーシートを下に引いテントを組み立ててみました。

両側2箇所に通気口があるのと、インナーは前と後ろ開くようになっていてどちらからも入室できるようになっている。
イメージだけど、小さい分、設営も短時間でできそうな感じがします。

とりあえず、前回の失敗もあるし、ベランダで組み立ててみることにしました。車のチェーンと同じで、事前に一回やっておく事って大切だよね。

驚いたのは、付属していた収納ケースがとってもコンパクトに感じた事。これだったら、車に積むのもスペースをあまりとらないのでだいぶ助かる。それと、あとかたずけモ、楽そうに感じる。

色はインナーが白色アウターが外がアーミーグリーン内側がシルバーでした。
遮光出来るタイプで、日差しも効率よく遮ってくれて蒸し暑くなりにくい感じがしましたね。

最初アウターの緑が濃かったので中に入っても、みどりっぽくなるのかなと思っていたんだけど、全然そんなことは無かった。

内部から眺めてみると、白色のいたって落ち着いた雰囲気となりました。

心配だったのは、小ぶりなので中にコットが入るかどうかという事、これが入らないと地べたにマットを引くことになるから、マダニとかいるし、地べたというのは抵抗あるよね。

少し不安だったんだが、ぴったり入りましたよ、これに腰掛けるなりして、中でくつろぎタイムを過ごせそうです。

小型の机と小型のコンロでお湯ぐらい沸かせそうなスペースが有ります。

イメージわいてきたよね。良い感じでした。

住み心地はどうだったのか

実際にコットへ横になって天井を見つめていると風通りが良いのか静かで落ち着きます。小さな前室があるので靴テント内に置けます。雨の日でも安心ですね、

良いと思った点をまとめてみます。

  • 収納袋がコンパクトで車に積むときに場所を取らない点が助かる。
  • 内容については、インナーとフライシート、ポールが2本、アルミ製なので滑りが良くインナーシートのガイドに通しやすいです。
  • アルミ製のペグが付属していて、すでにそれぞれ紐が通してありますので親切だと感じました。
  • コンパクトではあるが、スカートが付いていてしっかりした作りの通気口が2箇所付けられていて、寒さ、暑さに対応しやすく感じます。
  • 前後に大きく開く開口部があり使い勝手がよさそうです、また、外観形状からロープをしっかり張れば風雨に強そうに見えます。
  • 内部はコンパクトながらコットを設置するスペースは有って地べたに寝なくて済みそうです。

グランドシートも併せて購入しました

今回テントと一緒に導入したのがグランドシートです。



ブルーシートを使用していますがグランドシートだとテントサイズと同じでポールを4箇所差し込む穴も付いているので、簡単にズレないよう設置することが出来るんだよね。

興味のある方はチェックしてみてください。

また、使用レポートはするつもりなので、詳しくはその時にでもしたいと思う。

スポンサーリンク

記事内広告について

記事に広告が含まれています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして繋がっていきましょう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

記事の目次(クリックでジャンプ)