「 ダン」チャンネルYouTube

広島観光 穴場 平和公園と宮島に絞る

一人旅にも使える時間が無い時の広島観光

記事の目次(クリックでジャンプ)

広島観光 穴場 平和公園 宮島に絞る

広島はこんな町です!

全体像

中国地方の中心都市広島はイメージとして原爆ドームや893映画、もみじ饅頭や広島カープ球団、タカキベーカリー、お好み焼き、などなど。

気候に関してみると、南部は温暖で瀬戸内の島々などの風情は南国九州に匹敵するものであり、北部は冬季になる北国に肉薄するほどの積雪量を誇り、周辺では大規模で有名なスキー場が多数あります。

この、1県内で国内全体を体験できるような、大げさに言うと、日本列島を凝縮したような地方都市であることをご存じでしたでしょうか?

さらに、人口280万位の地方都市でありながら、プロ野球球団まであります。普通なら、採算が合わないので考えられない事です。

また、産業に関しても、農業、漁業、自動車産業などのの機械産業や造船(戦艦大和も作った実績があります)、食品メーカーでも国内としても珍しいクオリティー重視の欧風パンメーカーなども有ります。

という事で、一応なんでもあるんです。

さて、この中で日本一と言えるのは何でしょうか?そう、そういう町なんです。

広島県の観光標語も一時期「おしい、広島県」でした。

広島人の気質

一般に、情熱的で、人懐こいともいわれますが、一言で表すなら熱しやすく冷めやすい、新し物好きと言えます。

新しい物でも抵抗なく手を出しますが、ひとたびダメ烙印を押すと、後、見向きもしません。例えば、オープン当初は周辺の大渋滞を起こすほどの大盛況であっても、しばらくすると閑古鳥が鳴く状態になり、やがては姿を消している、そんな例は珍しくありません。

噂では、大手のファーストフードチェーンは新メニューを投入する前に必ず広島のある店舗でテスト販売してみて、ここでの販売状況を参考にして全国展開への判断をしていると聞きます。

歴史的建造物

代表的な歴史的建造物は平和公園、

中心街から約1時間の距離にある宮島、厳島神社という事になります

いまだに路面電車が走っている。

市内中心部の大きめ幹線道路の中央部分は路面電車がいまだに走っています。

中心部での運賃は220円です、ただし、中心部を離れ宮島の対岸である宮島口まで乗ると270円になります。

市内中心エリアはどこまで220円均一価格で郊外に出ると距離に応じて価格が変わりますよ、と覚えてください。しかし、乗った距離の割には安価な印象です。

各駅停車ですから、普通の観光バス並みに街並みの風景を楽しむことが出来ます。

印象に残る食物

お好み焼き

広島では、お好み焼きと呼ばれている食べ物があります。

この、お好み焼きの構造は薄い生地の上に多量の千切りキャベツ、イカフライやもやしなどが少々、そして甘く粘度のあるソースで味付けされた中華麺、トップ部分に荒く広げ焼いた卵の生地を乗せ、上から再度甘い高粘度ソースを上面全体に塗ったものになります。

関西地区でお好み焼きと呼ばれている食べ物がありますが、それとは、構造が全く違い、広島人はそもそも、同じカテゴリーの食べ物だと考えていませんし、望んでもいません。

広島風お好み焼きとか広島焼とか言われて反論するのは、普段食べているお好み焼きが、大阪で食べられている別の食べ物の派生であるかのように受け止めてしまうからなのです。

そういった事が理由なのです。

広島を歩いてみるなら

駆け足で観光をするのであれば、ポイントを絞ることがコツです。

ここでは、平和公園、宮島、2地区を押さえることします、何故なら、後日、広島に行ったという事を最も説明しやすい場所だからです。

平和公園の観光ポイント

全体構造はシンプルです、原爆資料館、平和公園中心部、原爆ドーム、の3地区です。この順番に回るのがわかりやすく効率的です。

資料館は有料ですが、事前の予備知識を得ることが出来ますし、兵器による殺戮が結局のところ一般の市民に、大きな悲しみや悲惨な結果を及ぼすことが理解できるはずです。

平和公園を歩いて原爆ドームへ向かう事ができます。

宮島へ広電を使っていく方法

宮島へ路面電車を使っていくのがわかりやすい方法です。

近くの駅からの乗ってください、電車前面部に2⃣と書いている電車に乗ればよいです。

途中電車の中で聞こえてくる会話や広島の街並みが、素の広島に最も近い光景となります。

ゆっくり広島の観光をお楽しみ下さい。

広電宮島口は初めての方でも、終点なので判りやすい駅です。人波に沿って進むと宮島へと渡る宮島フェリー乗り場まですぐです、

2社で運行されていますがどちらに乗船しても方片道190円、どちらに乗るかはその気分で決められて構いません。

平和公園内から直通の船で、宮島まで、一気に行ってしまう方法

平和公園、原爆ドームのそばに乗船駅があります。片道2,200円高額ではありますが宮島までの航路便があります。私は乗ったことがありませんが。

宮島のマニアックな楽しみ方

宮島に渡ったなら、人波に合わせて向かって右方向に進んでいくと厳島神社と大きな鳥居があります。ここの拝観は無料ではありません。500円かかりますが、手短に参拝を済ませてください。

宮島では厳島神社が本宮海を挟んで対面に外宮、裏手に内宮があります、内宮に参拝することがおすすめですが、その近くまで行く事にも十分価値があります。

厳島神社の裏手を徒歩で進んでいくと宮島ロープウェーの紅葉谷公園駅までの無料送迎バス乗り場があります。付近の人に聞いてもよいです、何とかして、そこまでたどり着きましょう。

片道1,100円、引いてしまいそうな価格ですがその価値は十分あります。ここから一気に獅子岩まで行けます、ご高齢の方はここで終了ですが、

それ以外の方はここから約30分弥山展望台を目指してください、歩くだけの価値があります。

やっとのことで、弥山展望台へ着いたら、本当の目的地、厳島神社の内宮、奥之院である「御山神社」まであと一息です。

宮島一番のパワースポットである御山神社へは、昭和天皇もご参拝されました

まとめ

広島の歩き方のまとめとして、

  • 平和公園周辺へ行く
  • 宮島に行ってロープウェーに乗り弥山へ上る

広島の街を少しでも知っていただけたら、幸いです。

スポンサーリンク

記事内広告について

記事に広告が含まれています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして繋がっていきましょう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

記事の目次(クリックでジャンプ)