「 ダン」チャンネルYouTube

定年後にやってはいけない10か条

定年退職後に避けるべき副業のネタ

「退職後は時間もあるけど」
「何か副業でもやるかって何するの」
「サラーリンマンしか知らないから副業が思いつかない」

定年退職後に副業に取り組むことは、追加の収入が得られたり、自己成長を促進したり素晴らしい事だと思いますが、

一方で、副業を選ぶ際にはやらないほうが良い物もあるので、今回は、どんな副業には手を出さ之いほうが良いのか考えてみます。

人間関係や信用を失う副業とはどんなものなのでしょう。

まずは、何のための副業なのか、どうして働こうと思ったのか、その原点を忘れないように
下記の避けるべきポイントを考えてみましょう

記事の目次(クリックでジャンプ)

初期投資が大きい物はやめる

副業ですから、不謹慎ですが、やってみてうまく行かない様なら速攻で辞めれることは大切です。最初に大きな資金を必要とされるフランチャイズ系の
副業は、おそらく今までコツコツやって来たサラリーマンには向かないのではないかと考えています。

初期投資にほとんど費用が掛からない物でも、立派に成長させることは十分可能です。

食投資が大きいから、容易に結果を出せるという事はありません。

MLM(マルチレベルマーケティング)またはネットワークビジネス系

MLMまたはネットワークビジネスは、一見魅力的な収入源と思われるかもしれませんが、多くの場合は成功するのが難しいものです。

新たなメンバーを勧誘することが仕事の中身です。商品代金の大半が商品代ではなく勧誘に対する報奨金となっていて、多くの人が参加するものの、

実際に収入を得るのは一握りの上位パフォーマーに限られることが多い。それよりこの勧誘によって人間関係に悪影響をもたらす可能性があります。

セールやギャンブル系関連の活動

ギャンブル系は、運に頼ることになり、遊ぶなら良いかもしれませんが安定した収入源とは言えません。
退職後に経済的な安定を求めるのであれば、ギャンブル系に依存することは避けるべきです。
代わりに、より確実な収入を確保する副業の選択肢を進むことが重要です。
好きな人には怒られそうですが、時間がもったいなく感じます。

ランサーとしての無計画なフリーランス活動:

フリーランス活動は自由度が非常に魅力的な選択肢ですが、無計画に取り組むと心身とも疲れ果ててしまう状況に直面する可能性があります。

何でもやりますではなく、市場動向を事前に調査し、正しいスキルや経験を持つことが重要です。また、フリーランスとしての価値を正しく評価してもらう事も必要です。
無計画なフリーランス活動は、収入の不安定性や過度のストレスを感じる可能性があります。

早い話、こんなにやったのに、これだけにしかならないの?みたいな事にならないように情報収集が必要です。

体力と健康に無理のある仕事

退職後は、パートなどの仕事をハローワークで見つけて再就職する人もいると思います。注意すべき点ですが中には時給が低いのにやってみるとハードな肉体労働であったりするものも有ります。
定年退職後は多少給料が安くても時間が取れる楽な仕事が良いなと思っている人もいるでしょう、がしかし、実態は給料が安く、仕事は超ハードというものが大半です、外国実習生がやっている仕事、清掃系、駐車場案内系、夏、冬雨風に打たれたり、一回管理職を経験し、肉体労働をしばらくしていない人たちには想像もつかない労働強度の強い仕事がかなりあります。仕事選びはやってみないとわからない物がありますから、これしかないのかなどと簡単にあきらめずに探す努力も続けましょう。
夜勤勤務なども、現役当時未経験者には負担がかなり大きい物だと考えましょう。退職後に副業を始める際は、自分の体力や健康状態を考慮することも重要です。
体に無理な仕事や長時間の労働は、やはり健康を害する原因となります。

家族や社会との関係を損なう仕事

副業を始める際は、家族や社会との関係を大切にすることも忘れてはいけません。 家族とのコミュニケーションを大切にし、仕事とのバランスを考えることが重要です。また、社会的な活動や地域への貢献も忘れずに取り組みましょう。

考えて、退職後に副業を始める際には、法律や規則を守ること、知識やスキルを活かすこと、リスクの高い投資やビジネスを避けること、健康状態を優先すること、そして家族や社会とのバランスを守ることが大切です。

まとめ:

退職後に取り組む副業の選択には慎重さが求められます。
といっても選べるほど種類が無いとか事情はあるかもしれませんが、別にその会社の社長を目指す野望を持っているわけでもないし、現在の生活を充実背せて行く事が
目的なわけですから嫌な事、気が進まないことはできるだけ避けましょう。

また一見華やかに見えるMLMやネットワークビジネス、売却、無計画なフリーランス活動、自己投資に見合わない仕事、無関係な事業への投資は、何のための副業かわからないです。
自己成長や経済的な安定の為の副業です
退職後に充実した時間を過ごし、自己成長を促進するため、より良い副業の選択肢を探すことが重要です。

スポンサーリンク

記事内広告について

記事に広告が含まれています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして繋がっていきましょう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

記事の目次(クリックでジャンプ)