「 ダン」チャンネルYouTube

よく聞く迷信的な物を調べてみた

記事の目次(クリックでジャンプ)

よく聞く迷信をもう一度調べてみた

「夜爪を切ってはいけない」
「霊柩車が来たら親指を隠せ」
「三人で写真を撮ると真ん中の人が早く死ぬ」

こんな、何気ない迷信を一度は聞いたことがあるかと思います。
突然思い出してしまう事も有ります
気にするかしないかは本人の自由ですが妙に気になってしまうのも有りますよね

今回はこんなよく聞く迷信について調べてみました。

最初に迷信とはいったい何なんでしょうね、何か根拠がありそうでなさそうな、

そもそも迷信とは、人々の信念や伝承に基づいて広まったもので、科学的な根拠は無いようです

でも、例えば「夜爪を切ると不運になる」、「霊柩車が来たら親指を隠す」、「三人で写真を撮って真ん中の人が早く死ぬ」などの迷信は、
日本だけでなく、世界各地に存在するみたいなのです。

迷信を信じるかどうかは、個人の自由です。しかし、こういった迷信ですが

たとえば。

夜に爪を切ってはいけない

この迷信は、世界中の多くの国に存在するみたいです。理由としては。

昔、特に爪には魔力が宿っていると考えられていました。
そのため、夜爪を切ることで魔力を恐れ、
不運を引き寄せる可能性があると信じられていたのです。

さらには

悪霊を呼び込む
夜は、昼間よりも悪霊が活動しやすい時間帯であると考えられていました。そのため、夜に爪を切ると、悪霊が爪に乗り移り、災いを招く。

財を失う
爪は、財産の象徴であると考えられていました。そのため、夜に爪を切ると、財を失う。

病気になる
爪は、体内の健康状態を反映していると考えられていました。そのため、夜に爪を切ると、病気になる。

科学的根拠はありませんが、今なお、根強く残っています。夜に爪を切っても、実際に何か悪いことが起こることはありません。

しかし、迷信を信じる人にとっては、夜に爪を切ることは避けたい行為であるようです。

また、夜に爪を切ることは、暗くて見えにくいため、ケガをする危険性もあります。そのため、夜に爪を切るのではなく、明るい時間帯に切るようにしましょう。

何度も言いますが、科学の進歩により、魔法や超自然的な力が爪に宿るという科学的根拠は存在しません。

さらに、日常生活で爪を切ることは衛生上も重要です。爪が長いままだと、雑菌や汚れがたまりやすく、感染症のリスクが高まる可能性があります。
そのため、適切な手入れと清潔さを守るために、定期的に爪を切ることは大切だと思います。

夜でなく、昼間切れば良いだけなんですがね。

「霊柩車が来たら親指を隠す」という迷信について考えてみましょう。

この迷信は、霊柩車が来るたびに親指を隠すことで災害を回避できるとされています。日本の一部の地域で信じられており、人々の間で口伝えに広まったものです。

霊柩車が通ること自体が死を連想させるため、厄除けの意味合いで親指を隠す習慣が生まれた可能性があります。

しかし、科学的には、霊柩車が通ったからといって具体的な災害が訪れるという根拠はありません。

でも、私自身霊柩車を見たら思わず親指を隠そうとすることがあるので、割と身近な迷信かもしれません。

「三人で写真を撮って真ん中の人が早く死ぬ」という迷信について考えてみましょう。

この迷信は、写真を撮る際に特に注意が必要な言い伝えの一つです。よければ、3人以上が写っている写真を撮って、
写真の中央にいる人が不幸や早世に見舞われているとされています。

しかし、この迷信もまた科学的な根拠がないとされています。
写真は、一瞬の時間を切り取るものであり、その瞬間の配置やポーズが将来の人生に影響を与えることはありません。
の中央にいるから特別な不運が訪れるという理論的な説明も存在しません。

考えと、迷信には科学的な根拠はなく、人々の信念や伝承に基づいて広まったものです。
人で写真を撮って真ん中の人が早く死ぬという迷信には科学的な根拠がないことがわかりました。

いろいろ調べていたら迷信って色々あるんですね
科学的根拠のない物もある事がわかりましたが、他にもありました、ご存じでしたか?

さらに、よく聞く迷信を紹介します。

1. 割れた鏡は7年不幸

鏡が割れると7年間不幸が続くという迷信は、日本や中国でよく知られています。この迷信の由来は、鏡が神聖なものと考えられていたことに由来します。

鏡は、人の姿を映し出すことができることから、神の姿を映し出すことができると考えられていました。
そのため、鏡を割ってしまうと、神の怒りを招き、不幸が続くと考えられるようになった見たいです

2. 四つ葉のクローバーを見つけると幸運

四つ葉のクローバーは、通常のクローバーよりも稀にしか見つからない植物です。
そのため、四つ葉のクローバーを見つけると幸運が訪れると考えられるようになったのです。
四つ葉のクローバーには、4つの葉っぱがありますが、それぞれに異なる意味があるとされています。

1つ目の葉っぱは「希望」、2つ目の葉っぱは「愛」、3つ目の葉っぱは「信仰」、4つ目の葉っぱは「幸運」です。
探しにくい事はわかりましたが、葉っぱ一つ一つの意味はよくわからないですね

3. 左足から起きると一日がうまくいかない

左足から起きると、一日がうまくいかないと言われる迷信があります。これは、左足が右足よりも弱いと考えられているためです。

左足から起きると、その日一日、左足が支配することになり、右足が支配するよりもうまくいかないと考えられたのです。

4. 夜に爪を切ると死ぬ

夜に爪を切ると死ぬという迷信は、日本や中国でよく知られています。
この迷信の由来は、夜に爪を切ると、その爪が悪魔や妖怪に食べられると考えられていたことに由来します。

そのため、夜に爪を切ってしまうと、その日一日、悪魔や妖怪に襲われると考えられるようになったのです。

5. 13人でご飯を食べると不幸になる

13人でご飯を食べると不幸になるという迷信は、西洋でよく知られています。この迷信の由来は、最後の晩餐の席に13人いたためです。

最後の晩餐の席で、ユダがイエス・キリストを裏切ったことから、13人でご飯を食べると不幸になると考えるようになったのです。

まとめ

今回、迷信について調べましたが、結論として科学的根拠は無いのだろうなという事がわかりました、それより縁起を担ぐとか
成功へのルーティーンとして取り入れたら良いんじゃないかなと感じました。

よくスポーツ選手なんかが言っているように、これをやったらうまくいったというのをマイルールでやっていくのが良いんじゃないかと思うわけです

ただ、これをやらないと不幸になる的な物はあまり賛成できません。
今より幸せになれるような自分儀式的な物を取り入れるのが良いかと思います。

スポンサーリンク

記事内広告について

記事に広告が含まれています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして繋がっていきましょう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

記事の目次(クリックでジャンプ)