「 ダン」チャンネルYouTube

「片付かない家にイライラする」 – 日常生活の解決策


「片付かない家にイライラする」 – 日常生活の混乱と解決策

「気が付くと物に囲まれて生活をしている」
「とにかく、片付けたい」
「部屋が雑然として落ち着かない」

気が付くと私の周りには物がたくさん有るなと思うようになった。
使用用途が重複するものは、選択する必要が出て来て、選ぶ自時間が必要になって来る。
無駄な時間を消費してるんじゃないかと思うようになったんだ。

例えば、ゴルフのパター、始めたころは1本しかなかった、今はどうだ?4本あるぞ、毎回ゴルフに行くときにどれを持って行くか選ぶ時間が必要になった。

笑っている人もいつかもしれないが、万事が万事こんな状態なんだ。

物が増えると、時間を撮られるようになる。こうおもうようになった。

この辺で、本当に必要な物だけを残して、不必要な物を整理していこうと思ったんだ。

さて、整理するにもどんな基準で整理するのか決めないといけない。

判断する基準を下記のようにしてみる事にした

使用用途が重複しているもの

いろいろな文房具の山


奮発して買った服、でも、着る機会が限られている


本、書きさしのメモ帳


ついでに、PCのデスクトップの不要ショートカットなど

整理の第一歩それは捨てる事

そもそも、 片付かない家では、さまざまな場所に雑然としたものの山が存在する。

この山を、一つ一つ整理して使っているものとそうでない物を分けていこうと思う。

また必要になったら新しく買えばいい

処分するのは確かに抵抗がある、一つ一つ買い足してきたものだからだ、でもそんなことを言っていたらいつまでも今の状態のままだ。

そこで、処分してまた必要になったら、再度買おうと思うようにした。

一度に捨てずにちょこちょこ捨てよう

今あるものは、きっと少しづつ買いそろえたものだと思います。

単純発想だが、まずは1年間使用していない物はPCで言う「ゴミ箱」的な場所を決めて
そこへ移動しする。

そこに入れて、一か月使用しなかった物は廃棄とする二段階で行う事にした

まずは、そんなマイルールを決めた。

今は、捨てることが大変な時代になって来ました

住んでいる市町村のルールもあると思う、この際、そういったルールも調べて
物の捨て方も知識として取り入れよう。

捨てるのも手間がかかるんだね。

記事の目次(クリックでジャンプ)

整理整頓を習慣化しよう

今回整理をやってみて感じた事

ふだんから、整理整頓の意識をもつ

整理整頓を習慣化することは片付けが苦手な人のために重要な第一歩だ。
毎日少しずつでも良いので、家の中を整理し、使わないものや不要なものを処分しよう。
収納スペースを有効活用することで、無駄な時間が節約できるようになる。

文房具が意外とたまっていく

書類や文具を整理するためのマイルールを作ろう。
ファイルボックスやファイルケースを使って書類を整理し、必要なものと不要なものを区別する。

特に衣服の処分にはマイルールを決める

着ない洋服や使われていないアイテム片付かない家では、着ない洋服や使われていないアイテムが溢れてるだろう。

これは、新しく買った物や、買ったけどあまり着ていないもの、見た目がまだきれいな物、将来の使い道に対する期待などが影響しているのではないだろうか。

服などは特に、意外に流行があったり、着心地、使い勝手の良い物ばかりを使用する傾向がありる。

着ない物は、着ない傾向にあるもので、将来においてこの傾向はあまり変わらないと思った。

一度にやり過ぎない

やってみるとわかるのだが、片付けは一日で完璧にやろうとすると、かなりストレスを感じる。

もっと気軽に、思い立ったらすぐにやること、一度に過ぎず、少しずつ進むことが大切。

未使用品の再利用や寄付

家に溢れているものの中には、きっと、まだ使えるものや価値のある品がたくさんある。

それらをリサイクルしたり、必要としている人に寄付することで、スッキリした家だけでなく、社会にも貢献できるのではないか。

ものが少ない事で、生きることが楽になり、無駄に使っていた時間を節約できる。

同じようなものが複数あると、どれを選択するかを考える仕事が一つ増えることになります。時間がもったいないよね

この選択をしている時間をほかのことに回したほうが他にできることが増えます。靴が複数あるとどれをはいていこうか考えませんか?

もったいない時間の使い方だ

心地よい空間を守るために

いったん整理を始めたら、整理整頓の習慣を身につけることが重要だ。

毎日の少しの時間を使って、使わないものや不要なものを整理し、定位置に戻す習慣を作りたい。

ものの山を解消するために、モノを手放す勇気を持とう。

使ってないものや必要のないものは、寄付やリサイクルに捨てるなど、新たな使い道を見つけることが大切。

書類がバラバラに置かれていたり、同じような文具がたくさんある家では、書類の整理方法や文具の収納方法が正しくないこと、日常的な整理整頓の習慣が無い事が原因なんじゃないかな。

まとめ

物を減らすことを意識し始めると少しずつ片付けの習慣が身につきます。

整理整頓を習慣にする、一度やり過ぎないこと、未使用品を有効活用し、仕組みを整える、定期的なメンテナンスを行う大切だ。

自分自身の生活スタイルを見直し、整理整頓の習慣を取り入れることで、心地よい空間を手に入れて、ストレスのない快適な生活を楽しんでほしい。

目指すのは、軽量な、シンプルライフだ。

スポンサーリンク

記事内広告について

記事に広告が含まれています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして繋がっていきましょう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

記事の目次(クリックでジャンプ)